« もっと君のこと(*^▼^*) | トップページ | 紅葉狩り »

啄木さま

怒涛の10月が終わりました。1ヶ月間、人員不足で大変だった職場ですが、無事復帰されたので、今月はゆっくりしたいと思ってます。

吾郎ちゃんの啄木も無事千秋楽を迎えました。初めて参加できる日程の千秋楽だったのですがチケットが取れずに断念。当日券とかキャンセルで入れたという方もいて羨ましい〜。前日のお昼に電話しないといけないんですよね。その時間は残念ながら仕事。そして早々に帰宅し、一路東京へ。はい。前楽を見てきました。これが3回目の観劇。いろいろ予定が入っていたため、観劇は後半に集中。戯曲本を読んだ時には「で?」って思ってしまい、自分の読解力の無さに焦りました。でも役者さんが演じてこそ、舞台という空間が生まれるのですね。

パンフレットや年譜を見ると、石川啄木という人はとにかく短期間であちらこちらさまよっていて、あっという間に亡くなってしまったという印象。27才って若すぎるよ。貧乏や家族とのちょっとわずらわしい関わりを抱えながらも、何かをなそうとがんばっていたんだろうな〜。歌を読むと女性的で、ちょっと心が弱い感じがして(繊細ってことか)私の中では太宰治に通じるものがあったな〜。舞台のせりふでは夢想家みたいなことを言われていたけど、歌は生活にしっかり根ざしてるものが多いのね。
金田一さんはほんとうにいい友だちだったんだと思った。吾郎ちゃんの石川くんと鈴木さんの金田一さんの場面はどれもよかったし、笑わせてもらいました。

さっき、短すぎる人生だったと書いたけど、短くても中身はすっごく濃密だったと思う。舞台の上の啄木は今を一生懸命生きていたんだね。いいお芝居が見られて良かったです。

サザンシアターは初めてでしたが、新宿駅から近くて地方住みには安心して行ける劇場でした。29日夜は前楽ということで、すごい頑張って拍手を続けたけれど、カーテンが再び開くことは無かったのが残念。でも拍手を続けることで他のお客さんたちと気持ちが一体化したようで満足感もありました。

短歌っていいですよね。学生時代、教科書にのっていた若山牧水の歌ですごく好きだったものがありました。思い出せないけど(笑)たぶん小5くらいかな?啄木の最期を看取った中に彼の名前があったのがきっかけで、思い出した小さな思い出です。啄木の歌集は文庫になっていたので買いました。若山牧水のあの歌も思い出したいですね。

|
|

« もっと君のこと(*^▼^*) | トップページ | 紅葉狩り »

コメント

めいさん。お久しぶりです。
ブログが更新されてないから、どうしたのかなとも思ってました。
啄木さんは3回観劇されたのですね。私は1回だけでしたが
後になってから、舞台の良さをシミジミ感じてます。
私も金田一さんとのやりとりは、笑えて、好きな場面でした。

投稿: ねぴ | 2011-11-10 09:49

ねぴさん、コメントありがとうございます。
元気にはしてますが、気力が充実せず、更新止まっていました。
老化が目に来てるせいかしら?パソコン画面を長時間見ていられません。
ねぴさんのブログは読ませていただいてますよ〜。また遊びに来てください。

投稿: めい | 2011-11-14 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もっと君のこと(*^▼^*) | トップページ | 紅葉狩り »